廃車と自動車リサイクル法の役割について

自動車を購入してから廃車の手続きをする間に、自動車リサイクル券というものが関わってきます。 適切にリサイクルするために、自動車の所有者が負担するのは、多くの人に知られていることと思います。 ではこの法律は、いつ・どのような目的で作られたのでしょうか。 日本では、年間400万台もの使用済み自動車が発生します。

これらは中古部品や金属回収にあたって高い評価価値があり、従来から解体業者などでリサイクル処理されてきました。 その一方で、産業廃棄物の処分場のスペースが無くなってきており、最終工程で発生するシュレッダーダストの処分費が高騰していたことが問題となっていました。 また鉄スクラップの価格の影響もあり、これらの要因から結果的に不法投棄などの問題が懸念されるようになりました。

こうした背景の中、シュレッダーダストやエアバック類そしてフロン類などの適切な、リサイクル・処理を義務付けさせ、資源の有効利用そして環境問題の改善を促進する目的で、この法律が作られたのです。 自動車に関わっている全ての事業主が一丸となって、このリサイクルを促進する運動に携わっています。

自動車メーカーは、リデュース(減らすこと)・リユース(再利用する)・リサイクル(再資源化する) この3Rを念頭に入れ、自動車の開発や生産、使用、破棄に至るまで、さまざまな取り組みをしています。 例えば、車両やオイルなどの寿命化・燃費の向上・カーエアコン用冷媒などの削減など、使用する上でのリディース。 廃車になった自動車の中古部品など資源の再利用を目的としたリユース。

そして、廃車となった自動車を解体してリサイクルを容易にしたり、リサイクル材を利用した外装部品やな内装部品を生産するというリサイクル。 ある自動車メーカーは、廃車バンバーを新車のバンバーの材料としてリサイクルする技術を世界で初めて実現したそうです。 この技術は、これまでに燃脚処理によるエネルギー回収されていた廃車バンバーを材料として有効利用できるので、 自動車のマテリアルリサイクル率が向上する結果になるのです。

各メーカーのリサイクルに対しての意識は大きく、その取り組みは日本におけるリサイクルの概念に大きく貢献しています。 このような企業の努力で、自動車リサイクル法にのっとって適正処理されている廃車のリサイクル率は約95%にもなっています。 いかに高い水準で取り組まれているかが分かりますね。